Archives for : 11月2015

亀頭強化術とは異なり気持ち良くなれるプリリジー

早漏は、勃起してからコントロールできなくなり短時間で射精してしまうという状態です。膣内に挿入してから2分以内などといわれており、女性を満足させることは出来ません。このために、悩みやストレスにつながってしまいがちですが、これが症状の改善をさらに困難にしてしまいます。

早漏の原因は、病気やストレスによる苦痛や不安に反応して分泌される脳内物質です。この物質が、脳内を興奮させることにより、コントロール不能な状態となります。そこで考案されたのが、この物質を抑制することによる早漏の改善です。この方法であれば、亀頭強化術の様に気持ち良さが損なわれることはありません。

亀頭強化術は、亀頭粘膜の感度を悪くすることで性的な刺激に抵抗力をつけるという内容です。つまり、気持ち良さを感じにくくすることで射精するまでの時間を引き延ばすということになります。これに対して、プリリジーは早漏の原因物質を抑制するセロトニンの脳内濃度をキープするという治療薬で、現在は主流となりつつあります。

セロトニンは、精神のバランスを調節する物質であり、不足するとうつ病が発症するケースもあります。このために、プリリジーはうつ病の治療薬としても使用されています。興奮状態を鎮めることにより、勃起してもコントロールできる状態に回復します。また、プリリジーは亀頭強化術とは異なり、気持ち良さはそのまま変わることはありません。

早漏は、精神的な部分の影響を強く受ける症状であり、成功体験を積み重ねることにより克服できる可能性は高くなります。苦痛や恐怖から逃れるために分泌される物資の影響が少なくなるからです。つまり、プリリジーを使用することにより、根本的な問題の解消も期待できるということになります。