Archives for : 5月2015

薬の輸入には様々な制約がある

俗に早漏という悩みがあります。パートナーの女性が満足しないうちに射精してしまうということです。
風俗で働いている女性からすればむしろありがたいなどと言われていますが、やはり男性としては自分だけ絶頂してしまうのは気恥ずかしいものです。

プリリジーはそんな早漏を改善するために作られたお薬です。
一種の麻酔薬を塗ることで感覚を鈍くする早漏改善薬は今までにもありましたがプリリジーは飲むタイプの医薬品で、これは世界初のものです。
ノルアドレナリンという脳内物質が分泌されることで射精が促されるのですが、プリリジーの主成分であるダポキセチンはこの物質を抑える働きがあります。

世界10ヶ国以上で認可されていますが、日本ではまだ認可されていないので、入手するには海外の薬を輸入しているネット通販サイトなどを利用する必要があります。
ただし偽造品を売っているような悪質なサイトもあるので注意が必要です。
信頼できる個人輸入業者は成分鑑定書を公開しているか?代金や手数料の金額、支払い方法がしっかり明記されているか?などのポイントで判断することができるでしょう。

国民の安全を守るために、薬の輸入には様々な制約がかかっています。
許されるのは個人使用のためのみで、個人輸入した薬を他の人に譲ったり転売したりすることは違法行為なので注意してください。他の人の分までまとめて購入、という事も認められていません。
もちろん個人で輸入して買う薬に保険は適用されないのである程度高価になりますし、決まった値段があるわけでもないので業者によって値段もまちまちです。
どうしても不安な場合は最寄りの消費生活センターに相談してみるというのもよいかもしれません。