Archives for : 3月2015

陰茎の勃起力と脳の働きの関係性

陰茎の勃起力には、副交感神経のシグナルが脳に到達することが重要になります。日頃ストレスなどを感じて交感神経が勝った状態になっていると勃起してもすぐに射精に至ってしまう早漏の状態になることがあります。交感神経が優位になっているとき、脳内では大量のノルアドレナリンが分泌されます。これは通常興奮状態が長く続いた時に分泌されるものですが、ストレスを感じている人は脳が興奮状態と同様の状態になり、勘違いをして分泌用が増えてしまいます。つまり仕事の疲れなどのストレスだけでなく、自分が早漏であることを気にしすぎて精神的な負担がかかってもノルアドレナリンが出て交感神経が優位になってしまいます。

早漏の薬として注目されているプリリジーはノルアドレナリンの分泌を抑制させる成分が入っているため、副交感神経が勝った状態を維持しやすくなり勃起力を高める効果が期待できるのです。プリリジーにはダポキセチンという成分が多く入っていてこれが脳内のセロトニンの分泌を促します。このセロトニンが増えると興奮状態を抑え、脳が正常に近い状態になるので交感神経が勝った状態になりにくくなります。

プリリジーには脳内の分泌成分をある程度制御して勃起力を高めることができますが、大量に服用したからといって効果が高まるものではありません。医薬品ですから決まった用量や服用方法を厳守する必要があります。輸入品などを個人で購入することもできますが、信頼できるところから購入をしたほうが安心できます。人によっては体に合わなくて副作用が出る人もいます。脳内の分泌成分に作用する薬ですから、頭痛や目眩などを引き起こすことがあり、それにともなって吐き気や眠気なども起こりえます。交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり睡眠障害などがでた時には医師の診断を受けるべきです。

プリリジーに含まれるダポキセチンについて

プリリジーとは、ダポキセチンを主成分とした、飲むタイプの早漏治療薬です。ダポキセチンというのは、セロトニンの再取り込みを阻害することによって、早漏の改善を図るために作られた成分です。
この、ダポキセチンという名前はプリリジーの別名としても利用されていることからほぼこの主成分の効能がプリリジーの特性といってもよいでしょう。
プリリジーの主成分であるダポキセチンは、脳内の興奮を抑制するセロトニンの濃度を高める作用があり、そのことによって脳が沈静化され性的興奮を抑制し、射精までの時間を遅らせることで早漏を改善することが出来ます。
プリリジーの服用による効果は通常の射精までの時間を2倍から3倍まで遅らせることが出来ることが確認されています。
早漏は早い時期に治療することで短期間での改善が望めますので早期のプリリジーの服用を検討したほうがよいでしょう。
使用上留意する点は女性や腎疾患の患者の方で、ダポキセチンによる過敏症の既往がある人は注意が必要です。
また、セロトニンの増減ははうつ病の患者にも影響があるため服用には、主治医への相談が必要です。
他にもプリリジーには血圧を下げる効果も認められているため、立ちくらみなどの症状で転倒などの恐れがありますので十分な注意をする必要があります。
また、副作用としてめまい、胃のむかつき、頭痛などが挙げられます。稀には、睡眠障害、イラつき、多汗、便秘、といった多様な症状が報告されています。
服用に際してこのような症状が現れた場合は、医師への相談をすることが必要です。
また、ダポキセチンの脳内のセロトニン濃度を上げるという効果はセロトニンの精神的な影響から、うつ状態を引き起こしたりてんかん、失神といった症状が出た場合は速やかに医師の診断が必要です。