精神病薬プリリジーによる勃起から射精を安定の効果

プリリジーは、心を安定させる作用があるセロトニンという物質の脳内濃度を高いままでキープさせるという作用を持つ治療薬です。この物質は様々な役割を担っており、健康的な生活を過ごす上で必要不可欠な存在です。セロトニンが不足するとうつ病などの心の不調に見舞われるので、これを改善する精神病薬としても使用されています。

セロトニンの濃度が高いままでキープされることにより、勃起から射精が異常に早く起こってしまう早漏に対しての改善効果もあります。これは、不安や恐怖を感じた時に分泌される物質をセロトニンが抑制することによる効果です。このために、プリリジーは精神病薬としてだけではなく早漏防止の治療薬としても使用されています。

早漏は、男性にとっては性に関する最も大きな悩みの一つであり、パートナーとの信頼関係を壊してしまいます。また、不安を感じるほど症状が悪化する可能性が高いということも、この問題の改善の難しさにつながっています。これは、勃起した時に優位となる副交感神経が、不安を感じた時に分泌される物質により、急に交感神経が優位になる状態に変えられたことで射精してしまうからです。ストレスが蓄積されてしまうと、早漏の原因となる物質の分泌量が増加してしまうのです。このために、悩むのではなく早めに対策をとるのが有効となります。

プリリジーを使用することにより、早漏の原因となる物質が抑制されるので、急に交感神経が優位になるという状態が改善されます。つまり、勃起した状態が長く持続することになるので、性行為に関する悩みが改善されることになります。このプリリジーによる早漏が改善される内容は、精神病薬としてと同様に体内で生産される物質の働きを抑制することによるものです。