世界初!早漏治療薬プリリジーの効果

プリリジーは世界初の内服型の治療薬で、飲むだけで効果が得られるという所が特徴です。
早漏治療薬というと、陰茎部に麻酔のような改善薬を塗布し、それにより陰茎の感覚を鈍くさせることで刺激を抑えて射精までの時間を長くします。
一方、プリリジーはこのような塗布型の麻酔システムとは異なる作用機序を発揮します。
勃起と射精を考えるとき、ポイントとなるのは自律神経(交感神経・副交感神経)です。
日中活発になるのが交感神経、夜間に活発になるのが副交感神経です。
この2つの自律神経がバランスを取り合うことで精神的なバランスを取っています。
また、交感神経は緊張時に活発になる特徴があり、副交感神経はリラックス時に活発になるという全く逆の特徴があります。
勃起が起きるときに血管を膨張させる際には副交感神経が優位に働いています。
そして、射精するときには交感神経が優位に働きます。
早漏になると、この交感神経の働きが過剰になりすぎてしまうことが問題になります。
これは脳内にノルアドレナリンという興奮を伝達させる物質が大量に分泌されてしまうことが原因です。
例えば性行為に入る前に「早漏の症状が出てしまうのではないか」「失敗してしまうのではないか」などの不安を感じながら入ると、ノルアドレナリンが大量に放出され、脳の射精指令が混乱してしまいます。
それを防ぐのがプリリジーの効果で、主成分であるダポキセチンがノルアドレナリンを抑制するセロトニンという物質を増やして興奮を鎮めます。
それにより、脳内の興奮が安定して、正常な状態で性行為に臨めるようになります。
麻酔のような塗布剤とは違い、自律神経を正常な機能状態に戻してあげることで、早漏を改善していきます。

ポゼットはプリリジーのジェネリックです>
スーパーPフォースの凄さを実感せよ!
■射精時間が最大で3~4倍ほど延長される早漏治療薬はこちら
ダポキセチンは早漏に効果がある理由